宮古島ツアー 宮古島観光 宮古島旅行 オプショナルツアー

0980-75-4380

営業時間:午後9時~午後6時迄

定休日:年中無休

宮古島の年間イベント

※イベントは変更・中止になる場合があります。

 1月

■宮古島100kmワイドーマラソン
宮古島方言で「頑張れ!」を意味する「ワイドー」が合言葉。走ることを楽しみながら南の島の自然を満喫!100km、50km、ハーフコースがあり、海岸沿いの美しいコースを各選手が爽やかな新春の風を思いっきり吸って、心地よい汗を流して駆け抜けます。


■宮古島・伊良部大橋ウォーク
全長3,540mの大橋を徒歩で歩いて渡る1日だけの歩行者専用貸切イベント!宮古島側がスタート、伊良部島側がゴールという伊良部大橋を歩いて渡りきります。左右に広がる宮古ブルーの海を眺めながら、澄んだ空と海風で自然を満喫できるウォーキングイベントです。

 2月

■ロマン街道・伊良部島マラソン
沖縄県宮古島市にある離島・伊良部島で毎年2月に開催されます。

伊良部島や下地島の美しい海景と豊かな自然を満喫しながら走れるとあって、毎年県内外から多くのランナーが参加するマラソンです。

 3月

イベントなし

 4月

■全日本トライアスロン宮古島大会 【2020年度は開催中止】
毎年4月に宮古島で行われるトライアスロン大会で、宮古島市下地与那覇前浜ビーチからスタートするスイムを皮切りにスイム3キロ、バイク155キロ、ラン42・195キロ、総距離200・195キロの過酷なレースです。宮古島の制限時間は日本のトライアスロンの中で最も厳しいと言われているが、全国的に人気が高く、注目度も高いレースで出場権は抽選となっている。


■宮古島の海びらき
宮古島では毎年4月の第1日曜日に、宮古島観光協会青年部が主催し「東洋一の砂浜」と称される宮古島の与那覇前浜ビーチで海開きが行われます。カウントダウンに合わせて地元の子供たちがエメラルドグリーンの海に飛び込みます。ビーチフラッグやビーチ相撲、ビーチでの宝探しゲームなど大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさんで、地元の人にも、観光客にも人気のイベントです。

 5月

■宮古島ミュージックコンベンション 【2020年度は開催中止】
「訪れた時よりも綺麗な宮古島にして帰ろう!」を合言葉に、2015年から宮古島の自然に囲まれながら、「ゆる~い」音楽フェスをテーマにしてきた本イベント。 宮古島の美しさ、楽しさを充分に味わえる音楽イベントです。昼の部、夜の部(平良市街地のライブハウス)と豪華ミュージシャンの白熱のライブが楽しめます。2020年は開催ラストとなります。


■うえのドイツ文化村鯉のぼりフェスト
上野のドイツ村で開催される、毎年恒例のゴールデンウィークイベント。島内のお子様連れのお客様はもちろん、期間中観光で宮古島を訪れる皆様も気軽に参加できます。開催期間中は空を泳ぐ多数の鯉のぼりのもと、ライブイベントやチビッ子カラオケ大会、キッズコーナーに遊具コーナーなど、子供連れで楽しめる多彩なイベントが催されます。


■宮古島子どもフェスティバル
ゴールデンウィークにJTAドームで開催される“子ども”が主役のキッズイベント!ステージイベント、親子体験コーナー、屋台、大型遊具などがあり、多くの親子連れや友人同士で訪れた子供たちでにぎわいます。

 6月

■MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL 【2020年度は開催中止】
全国的にもメジャーなバンドが宮古島で音を奏でるロックフェスティバル。 ~SAVE THE SEA SAVE THE SKY~を合言葉に、海に優しく、空に優しく、宮古島の自然を全身で体感するフェス。灼熱の宮古島を更に熱くする、迫力あるステージを繰り広げます。後夜祭ラストの花火大会も見逃せません!

 7月

■サニツ浜カーニバル
夏真っ盛りのこの時期、下地与那覇湾に干潮時に出現する広大な砂地の干潟で、宮古島市民の健康増進に寄与することを目的として開催される毎年恒例のスポーツイベント。会社の同僚たちや学校の先輩・後輩たちなどで構成されたチームが各種ゲームに参加します。砂地を利用した水中駅伝、ビーチドッジボール等のスポーツや誰でも気軽に参加できるレクリエーションを取り入れたイベントです。3歳から小学生までのちびっこたちが馬に乗れる乗馬体験などもあります。


■宮古島の夏まつり
宮古島中の人が心待ちにし島全体が一体となる、街中で開催される夏祭り。初日は漲水御嶽と宮古神社の豊年祈願祭で幕開けし、歩行者天国、路上パフォーマンスやダンスパフォーマンス、ちびっ子駅伝大会を行う。 2日目は、パレード、ミス宮古島発表会、祭りの目玉である100mの東西大綱引きで盛り上がります!

 8月

■オリオンビアフェスト i n宮古
オリオンビールが主催する毎年恒例のビールまつり。新鮮なビールや屋台の食事を味わいながら、沖縄で人気のアーティストのライブが楽しめます。ビール好きも音楽好きも存分に楽しめる入場無料のイベント、イベントフィナーレには、花火が打ち上げられ宮古島の夜を締めくくります。


■うえのドイツ村ダンケフェスト
毎年8月に宮古島のドイツ文化村で開催される恒例のイベント。「ドイツ生ビール早飲み大会」は、中ジョッキにつがれたドイツビールを飲み切る早さを競う人気コーナーとなっています。そのほか、ちびっ子かき氷早食い大会、演奏、ダンス、打ち上げ花火など、たくさんの催し物で楽しめる、夏休み最後の週末のイベント!

 9月

■多良間 八月踊り(国指定重要無形文化財)
宮古島と石垣島の中間に浮かぶ人口1100人余りの多良間島。旧暦の8月8日から3日間に渡って行われる多良間島に長く受け継がれる豊年祭。1976年に国指定重要無形民俗文化財の指定を受けた400年近い伝統を誇る祭祀。
朝10時頃から夜9時頃まで途切れることなく、舞踊、狂言、組踊などの演目が繰り広げられます。

 10月

■なりやまあやぐまつり
宮古民謡の代表曲「なりやまあやぐ」を継承していくことを目的として発祥の地・友利で開催される地元民が楽しみにする地域密着型のまつりです。

「なりやまあやぐ」とは、妻が夫を諭す教訓歌として宮古では誰もが知ってる民謡です。まつりのメインイベントは、参加者によるなりやまあやぐの披露。多数の参加者がなりやまあやぐを歌い、その音色を競います。中秋の夜空のもと、海上に特設の舞台が作られロウソクと水中照明が舞台を演出、幻想的な雰囲気の中で、美しい歌声が響き渡ります。


■ 多良間島ピンダアース大会
毎年5月と10月に行われる、島内外から集まったヤギ同士が闘う闘山羊大会。多良間のヤギ生産振興・観光振興を目的に開催している。人気がどんどん高まり、毎年島内外から多くの人が多良間島に観戦に訪れます。闘山羊以外に、ヤギとの触れ合いコーナーやクイズ大会、お楽しみ抽選会や屋台出店もあります。


■宮古の産業まつり
毎年11月頃にJTAドーム宮古島で開催されるイベント。宮古島の織物展・藍染体験、島産品の展示即売会、宮古島市の姉妹・交流都市の特産物コーナーなど、さまざまな特産品が展示・販売されます。また、商工会議所女性会によるファッションショーやサトウキビ搾汁を煮立て製造されたできたて黒糖が振る舞われるほか、奨励品種の展示、産業振興賞表彰式(農林水産部門・商工観光部門)も行われます。


■カギマナフラ in 宮古島
ハワイの伝統芸能フラを通じ、宮古島とハワイマウイ郡との姉妹都市交流を深め、両島の親睦、文化の交流、観光振興など、友好の絆を深める国際文化交流イベント。伊良部島での奉納祈願を皮切りに、トゥリバー・フラ/インターナショナルフラコンペティション/フラ・カンファレンスが行われ、多くのフラ愛好者が宮古島に集結します。ハワイから審査員を招き、行われる「インターナショナルフラコンペティション」では、国内・海外チームによる渾身のフラ競技を堪能する事ができます。

 11月

■たらま島一周マラソン
“楽しく走ろう 歴史が見える島 多良間島”をテーマに開催されます。12時スタートの 23.75kmコースのほか、10km、5km、3kmコースがあります。多良間村を走り抜けながら、雄大な歴史を感じてください!大会当日大会終了後のふれあいパーティーでは、島の芸能を楽しみながら、選手や村民との交流が楽しめます。


■クイチャーフェスティバル
毎年11月の日曜日に午後から夜にかけて行われる宮古島のクイチャーの祭典。地域ごとの伝統的な舞いを披露するチームもあれば、現代的なアレンジをほどこした創作クイチャーを披露するチームなど、団体ごとに特色のある歌や踊りを一度に見られることができる祭です。フェスティバルの中間と後半には、観客も一緒に全員クイチャーを躍るコーナーもあり、初めての人でも気軽に参加できます。

 

 12月

■うえのドイツ文化村イルミネーションフェスト
宮古島の南部にあるうえのドイツ文化村で開催される、毎年恒例、クリスマスシーズンイルミネーションフェストです。うえのドイツ文化村全体が、やわらかなイルミネーションの光に照らされます。期間中の芝生広場に屋台も出店されるので、ゆっくりとイルミネーションをご堪能いただけます。初日には点灯式開催。そのほか、ゲーム大会やフラダンスなど、様々なイベントも催され、期間中観光で宮古島を訪れる皆様も気軽に参加できます。